コミュニケーション力を磨き、リーダーとしての資質を学ぶ場所。それがトーストマスターズです。


by u2tmc

第29回例会の報告

第29回例会は12月23日(日)13:30より、宇都宮市民活動サポートセンター団体室1で行われました。 今回の例会は様々なところから5名のゲストの方に来ていただき、そのおかげでバイリンガルの例会で4本のスピーチという本格的な内容の例会となりました。本日のトーストマスターは久保田が行いました。いつもより人数が多くまた、内容が多いため少し緊張してしまい、舌がうまく回りませんでした。

■日本語の部
テーブルトピックはゲストの近藤さんが担当されました。テーマは10大ニュース、クリスマスについて、贈り物という内容でそれぞれ中村さん、谷田さん、根木さんが行いました。テーブルトピックは同じテーマでもいろいろな切り口でスピーチが行われるので大変楽しみなのですが、今回も近況、昔の思い出や経験等が披露され、感慨深い話を聞くことができ大変ためになりました。

スピーチではまず堀松さんが「医療用画像器機の現在」というタイトルで行いました。ご自身も機器の開発に携わっているということもあり、よく調べた内容で知識としても参考になるものでした。次にゲストの青木さんが「親戚づきあい」というタイトルで行いました。法事等で親戚とつきあう中で感じたことそして親戚づきあいのあるべき姿等の思いがしめされ、大変に参考になり、実践してみたいと思わされました。論評はゲストの森さんと谷田さんが行いました。それぞれ丁寧に論評を行われました。

■英語の部
今回はスピーチの数が多いこともあり、テーブルトピックは割愛されました。スピーチは中村さんが「Are you shy?」というテーマでまず行いました。英会話の場に置いて日本人が非常に恥ずかしがりであるということを説明され、対策として教育を改め、また、英語を使う機会を増やしていくことが重要だとの主張でした。なかなか英会話の技量があがらない私としては大変参考になるもので、結論にあったトーストマスターをもっと活用しようということでさらに会員を増やしたり、内容を充実することにつとめようと思います。

次にゲストの近藤さんが「Gift from BEATE」というテーマでスピーチをされました。戦後の憲法草案に関わった女性の自伝を大変情熱的に、朗読されました。長い話でしたが大変わかりやすいものでした。論評は青木さんと森さんが行い、それぞれ適切な点をついていました。いつもながら短い時間で準備をしなくてはならない論評の難しさを感じましたが、お二人ともスムーズで驚きました。総合論評では根木さんが例会全体の論評をおこないましたが、その中で司会である私の進め方について握手のしかたや人物の紹介の仕方等いつも同じように行っていたことにアドバイスをいただき大変有意義でした。

表彰の部ではテーブルトピック賞は根木さん、論評賞は森さん、スピーカー賞は青木さんでした。宇都宮のメンバーが一人も入らないのは大変残念でしたが、それも仕方がないと思われるそれぞれの内容でした。全体を通して、本日はゲストが多いこともありましたが大変有意義で今後につなげていける内容の濃い例会でした。

宇都宮のトーストマスターズクラブの活動に興味のある方はぜひご連絡をいただき見学にいらしてください。
[PR]
by u2tmc | 2009-01-24 22:05 | 7. 例会報告