第50回例会報告

9月27日(日)13時30分より、宇都宮サポセン団体室1にて、第50回例会が行なわれました。今回はトーストマスターズの秋のコンテストシーズンに合わせて、ほらふきコンテストのワークショップを行ないました。
今日のトーストマスターは小原さんが担当しました。

■日本語の部

出場者は4名でした。コンテスト規則、進行手順の説明の後、順番を決めて4名がそれぞれのアイディアでほらふきスピーチを披露しました。内容は、宇都宮代表として次のレベルに出場する方のため紹介することができませんが、普段のスピーチとは違った、架空の作り話、スピーチの構成に焦点を当てた、ほらふきコンテストならではのスピーチになりました。
c0199134_23165985.jpg

c0199134_23195096.jpg

c0199134_23204079.jpg

c0199134_23233321.jpg


■英語の部

出場者は1名でした。出場者1名の場合は、スピーチが制限時間に入っているかどうかの判定のみになります。ほらふきスピーチの制限時間は3分から5分で、通常のスピーチより短めです。1名のみのコンテストは雰囲気作りも難しいと思いますが、今回は経験の深い方がスピーチをされましたので、じっくりと聞くことができました。

コンテスト終了後は、各出場者へのインタビューになります。これはコンテスト前には出場者の個人情報を一切明かさないことになっているので、終わってほっとした後で、出場者のことをよく知って頂くために行なうものです。

宇都宮クラブでは、コンテストワークショップという形式を取っているため、ワークショップでのコンテスト結果とクラブ代表選出は別に扱っています。協議の結果、次のレベルであるエリア31ほらふきコンテストへは、日本語/英語とも森さんが出場することになりました。
c0199134_23211090.jpg


c0199134_23153932.jpg

[PR]
by u2tmc | 2009-09-28 23:21 | 7. 例会報告