コミュニケーション力を磨き、リーダーとしての資質を学ぶ場所。それがトーストマスターズです。


by u2tmc

第63回例会報告

2010年10月24日 第63回の例会報告です。

本日のトーストマスターは森本が担当しました。
ゲストの方1名を含む、計7名が参加しました。
参加人数が少なかっため、各参加者が役割を複数こなす必要があり、少々あわただしい例会となりました。

●日本語の部
まずテーブルトピックスですが、「○○の秋」というテーマで、佐原さんが担当されました。
一人目は、「秋の味覚」について、森さんが焼き芋や芋煮会など、芋を材料に話されました。
二人目は、「スポーツの秋」について、ゲストの亘さんが、自身の趣味であるテニスについて話されました。
三人目は、「読書の秋」について、自ら活字中毒だと自負する高嶋さんが話されました。
最近はiphoneに買った本を取り込んで読んでおり、そうすることにより読む量が3~4割増えたと話されました。そのやり方も聞けば教えてくれるとのことです。読書量を増やすノウハウとしても興味深いスピーチでした。

スピーチの部
第一のスピーチは、森さんが発表しました。森さんは、10月31日のユーモアスピーチのディビジョンコンテストにエリア代表として参加するため、そのリハーサルとして、「私の叔父さん」を再度発表しました。前回の例会や、ディビジョンコンテストを経て、さらにブラッシュアップされていると感じられました。

第二のスピーチは、小原さんが「落し物」というタイトルで発表しました。課題は、Advanced Courseのユーモアスピーチ(笑いで話し始める)だったのですが、小原さんが落とした特殊な落し物について、ユーモアたっぷりに話をしました。演壇から聴衆の方に歩み寄り、スピーチ中に聴衆に問いかけたり、時にゆっくりと話して間を持たせることで、どうなるのかワクワクする話し方でした。
c0199134_025146.jpg

論評はそれぞれ、林さん、高嶋さんが担当しました。


●英語の部
英語の部のテーブルトピックスは森さんが担当されました。テーマは秋にちなんで、読書でした。
一人目は、「もっとも印象を受けた本」でゲストの亘さんが、立花隆の「二十歳のころ」について話しました。ゲストで初参加にもかかわらず、日本語のテーブルトピックスに続いて落ち着いて話されました。
二人目は、「最近の子供にどうやって本を読ませるか?」のテーマで、佐原さんが、学校で読書する機会を与えることが大切だと話しました。
三人目は、「もっとも好きな童話は何か?」のテーマで、森本が「桃太郎」について、話しました。

スピーチ
第一のスピーチは、"Justice"というタイトルで、林さんが話しました。
Justiceというのは、NHKでも「ハーバード白熱教室」という番組名でやっている、ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の"Justice(正義)"という名の授業のことだそうです。私たちが日々の生活の中で直面する難問における判断の倫理的正当性などについて議論するそうです。番組の内容も興味深く、私も一度見てみようと思いました。ちなみにNHK教育にて毎週日曜午後6時~7時にやっているようです。

第二のスピーチは、"Malfunction of Human"というタイトルで高嶋さんが話しました。
人間が緊張して体の働きが不調になる様子を話し、自身の結婚式のスピーチで緊張したことなどを話しました。このような状態は「無意識」で起こることであるが、しかし無意識に対して、「笑顔を作る」、「ゆっくり歩く」などを意識的にすることで、危険が無いことを「無意識」に対してわからせることで、そのような緊張状態をコントロールすることができると話されました。
また、高嶋さんのスピーチの課題は、CC#5の"Your Body Speaks"だったのですが、ジェスチャーをふんだんにまじえ、まさに体で話すスピーチでした。
論評はそれぞれ、佐原さん、森本が担当しました。

スピーチ賞は同票で小原さんと林さん、論評賞はまたまた同票で林さんと佐原さん、そしてテーブルトピックス賞は、高嶋さんが獲得しました。
c0199134_0253170.jpg
c0199134_0254238.jpg


見学に来ていた亘さんが、なんとその日のうちに入会を決めてくれました。7月に見学⇒入会された佐藤さんに続き、また会員が増えてうれしい限りです。亘さん、よろしくお願いします。
[PR]
by u2tmc | 2010-11-08 00:31 | 7. 例会報告