コミュニケーション力を磨き、リーダーとしての資質を学ぶ場所。それがトーストマスターズです。


by u2tmc

第66回例会報告

1月23日(日)13:30より宇都宮市民活動サポートセンター団体室にて第66回例会を開催しました。

本日の参加者は8名、トーストマスターは森が担当しました。

●日本語の部
 言葉番は中田で、本日の言葉は季節にちなんで「乾燥、ドライ」でした。

☆テーブルトピックは小原が担当。
  話題になっている「タイガーマスク」運動がテーマで、かつ「天邪鬼な」という条件付き。「ランドセルの代わりに何を送るか」、「タイガーマスク以外のキャラクターを選ぶなら誰にするか」、「金額は幾らまでなら出せるか」という質問にそれぞれ、小林、中田、佐原が挑みました。

☆準備スピーチ
*スピーチ1は林が担当。課題はCC5「ボディランゲージ」、タイトルは「自分との約 束」。何かをやろうと決めて継続するためのポイントと、自分との約束を守るという気持ちで臨むという大切なメッセージを、わかりやすく、アイコンタクトや手振りを交えて伝えました。

*論評は森。手振りや顔の表情がメッセージを伝えるために役立った点を評価しました。

*スピーチ2は森本が担当。課題は同じくCC5「ボディランゲージ」、タイトルは「私のトレーニング方法」。本人は真剣に話しているのに、なぜかユーモアが感じられるのが独特の強みでした。メッセージを伝えようと、演壇を越えて聴衆側に立ち、一生懸命話しかけていたのが印象的でした。

*論評は佐原。スピーカーの持ち味を的確に表現し、評価し、暖かく励ましつつ、今後の上達に向けた鋭い指摘を行いました。

★総合論評
  高嶋が担当。一人一人の良い点を述べ、やる気を出させるとともに、時間に正確な運営を心がけるという大切な点を指摘しました。

●英語の部
言葉番は日本語の部と同様に中田で、本日の言葉は、時季にふさわしく「寒い」を英訳した”cold, chilly”でした。

☆テーブルトピックも日本語の部と同じく、小原が担当。テーマはリゾート地。「栃木のリゾート地について」「栃木県内に新しくつくるならどこにするか」「いつ開発するか」という質問に、森本、林、高嶋が答えました。

☆準備スピーチ
*スピーチ3は佐原が担当。課題はCC5「Your Body Speaks」、タイトルは「Demerit of Advanced Medicine」で、誰もが気になる健康診断の注意点を、わかりやすく説明しました。話が明確で論旨が整理されているのが見習うべき点だと思いました。
c0199134_2262718.jpg


*論評は森本が担当。細かいところまでよく観察した注意深いコメントでした。時間をめいっぱい使って丁寧に説明していました。

*スピーチ4は小林が担当。課題はCC6「Vocal Variety」、タイトルは「Get Up Clearly」。「いかに質の高い睡眠を確保するか」というテーマについて、エンジニアらしく科学的な実践方法を紹介しました。ホワイトボードの図示が効果的に使われました。
c0199134_2218464.jpg

*論評は中田が担当。良い点を感心しながらコメントするのは、スピーカーがとても嬉しくなる心憎いテクニックでした。

★総合論評
日本語の部と同様に高嶋が担当。時間を有効に使って、一人一人のパフォーマンスを細かくチェックし、かつ良いところをしっかりコメントしていました。

●表彰
テーブルトピック賞:佐原
論評賞:佐原
スピーチ賞:林、森本
c0199134_226517.jpg

[PR]
by u2tmc | 2011-01-29 22:20 | 7. 例会報告