コミュニケーション力を磨き、リーダーとしての資質を学ぶ場所。それがトーストマスターズです。


by u2tmc

142th Club Meeting report

c0199134_19222188.jpg
142th Club Meeting report
・2015.Dec 6th(Sun) 13:30-16:00
・at Machipia

第142回 宇都宮トーストマスターズ例会報告

今日の司会は久保田さん。
12月に入り、天気はとても良いのですがすっかり寒くなりました。
いつもの例会では日本語セッションと英語セッションに分けて行っていますが、
今日はスピーチセッションと論評セッションに分け、その中で日英と進めることにしました。

今日の言葉は、Indian summer(小春日和)です。
言葉番の小林さんは説明シートを用意し配付しました。
Indian summer: An unseasonably warm period near the middle of autumn,
usually following a substantial period of cool weather.

スピーチセッション

日本語テーブルトピックは高嶋が担当し、年末にちなんだ出題をしました。

1.年初の抱負とその後:久保田さん
今年はいろいろ学んで身につけようと考えていて、実際にUdemyというサイトで有料講座を購入し学んできたそうです。
2.年末までにやりたいこと:小林さん
今年は担当設計の市場トラブルが多かったため、御祓いをしておきたい、との事でした。
3.我が家が選ぶ流行語大賞:桃津さん
一家揃ってお笑い好きなので、ダントツで「安心してください、はいてますよ」。ご家族との関わりをユーモアたっぷりに話されました。
4.大掃除のコツ:久保さん
掃除は大の苦手だそうですが、外圧で動く、すなわちお客さんの訪問をきっかける行うと良い、とアドバイスをしてくださいました。

日本語準備スピーチは久保さん

タイトルは「トイレ掃除道」
ProjectはCCマニュアルのボーカルバラエティ
お父様が闘病中に尿が出なくなった事、小林正観のうすさま明王というトイレの神様の話し、これらをきっかけに自分のトイレのみならず、お借りしたトイレの掃除も清掃を心がけるようになった、という話。準備できず即興で行ったとの事でしたが、しっかりとまとまっていてとても勉強になるスピーチでした。

英語テーブルトピックスの司会は久保田さんで、クリスマスシーズンにちなんだ出題でした。

1.Best memory of gift which you gave at Christ mass:桃津さん
 友人である外国人の家族に送ったクリスマスプレゼントについて話してくださいました。
2.Best memory of gift which you received at Christ mass:高嶋
 ボーイスカウトクリスマス会で子供の前で歌を疲労するチャンスをもらった思い出を話しました。
3.Best supprising gift which you received:久保さん
 180cmを超える大きなクリスマスツリーをもらって部屋が一杯になった経験を紹介されました。
4.Memory of winter holiday:小林さん
 アメリカの大学に通う友人をクリスマスの頃に訪問したら、中華料理店を除いてすべての店がクローズしていた思い出を紹介してくれました。

英語準備スピーチは桃津さん
タイトルは「To be an excellent speaker」
上級コースspeciality speechのproject#2です。
スピーチにはコンテンツの良さとデリバリーの良さの二つの側面があり、ともすると私たちはコンテンツを重視しがちであるが、デリバリーにももっとフォーカスをあてるべきである、という趣旨のスピーチ。論理的にきちっとまとまっており、なおかつ具体例としてユーモラスなエピソードも挿入された、内容の濃いスピーチでした。

休憩を挟んで、論評セッションを行いました。
久保さんのスピーチの論評を、久保田さん。
ボーカルバラエティにしにくいテーマだったのでは、との指摘と、言葉にもっとめりはりをつけてはいかが、とアドバイスをしました。
桃津さんのスピーチの論評は、小林さん
ロジカルなだけでなく、実例も豊富でユーモアに満ちていた点を評価しました。とても良くまとまっていたので、アドバイスはこの短い時間では見当たらなかったそうです。

表彰の部
Table Topic:久保さん
Speech:桃津さん
Evaluation:久保田さん
[PR]
by u2tmc | 2015-12-13 19:19 | 7. 例会報告