コミュニケーション力を磨き、リーダーとしての資質を学ぶ場所。それがトーストマスターズです。


by u2tmc

カテゴリ:2. 沿革( 1 )

沿革

トーストマスターズは1924年に米国カリフォルニア州で設立されました。世界各国にクラブがあり、現在までに延べ28万人以上の方が活動に参加しています。日本では1955年に東京と福岡で最初のクラブが誕生し、現在全国で約80のクラブがあります。
c0199134_22264816.jpg

米国が発祥の地であるため、英語での活動が基本ですが、趣旨は「人前で話す」ことにあります。よって英語圏以外の国では母国語での活動も行われています。教材はフランス語、スペイン語、ロシア語、中国語、日本語等にも翻訳されており、日本や台湾では日本語の例会が、東京や名古屋、熊本、あるいは台北などの主要都市で盛んに開催されています。

クラブの形態はさまざまで、企業内のクラブ、学校内のクラブ、地域のクラブが一般的ですが、このほかに軍隊や刑務所で活動しているクラブもあります。

トーストマスターズの国際本部は米国カリフォルニア州にあり、北米を中心に世界で80の地区に分かれています。これをディストリクト(District)と呼んでいます。日本はディストリクト76、第76地区になります。

ディストリクト76、日本国内のクラブは、札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、広島、福岡など、政令指定都市を中心とした大都市にある他は、一部の地域に点在するのみです。まだまだ知名度は低いと言えるでしょう。宇都宮は、東京~仙台間での展開を考えると、中間というにはやや東京よりですが、日光という観光地もあり、国際交流活動も盛んです。近年では足利にもクラブが発足されました。今後、栃木県でのトースマスターズクラブの活動が盛んになっていくことが期待されます。
[PR]
by u2tmc | 2009-01-16 21:21 | 2. 沿革